マスクでメガネが曇る!曇らない方法は?

風邪の予防や花粉症でマスクをつけることがありますよね。
そのとき、メガネが曇ることないですか?

僕は普段メガネを掛けていることが多いので、マスク着用で曇るのは正直イラッとします。

「ちょ、マジでメガネ曇るのウザイんだけどッ!」

って(笑)

			
スポンサードリンク

マスク着用でメガネが曇る原因

メガネを掛けてる男性

そもそもなぜ、マスクをするとメガネが曇るのか?
まずはそこから紹介しますね。

メガネが曇る原因は水蒸気です。

空気中には水蒸気が含まれており、この水蒸気によってメガネが曇るんですね。

で、この水蒸気は空気の温度が高いほど多く含まれます。

ほら、温かいお茶を湯飲みに注ぐと湯気が出ますよね。あれですよ、あれ。

 

「これとマスクがどう関係するのか?」という部分ですが、マスクを着けると内部の温度が高くなります。おまけにマスクの中は湿度が高くなりやすいので、それにより内部の水蒸気の量が多くなります。

この状態で呼吸をすると鼻の上の隙間から湿気ムンムンの空気がかかってしまいます。

その結果マスクが曇るんですね。

 

鏡に向かって「はぁ~っ」っと息をかけたときに曇るのと同じ理由です。
結露ってやつですね。

ということは、対策法としてはこの空気をメガネにかけないようにすればいいわけです。

 

スポンサードリンク

曇らない方法

曇らせない方法として一番てっとり早いのは、メガネの曇りそのものを防ぐように作られたマスクを使用することです。

例えばこんなやつです。
↓↓↓

 

この「テンピークス処置用マスク2」は医療現場でも実際に使用されているマスクで、花粉症やインフルエンザ対策におススメなマスクです。

 

「そんなの買ってられるか!今すぐ何とかしたい!」

 

という場合は、以下のマスクの折り方をやってみてください。
お手軽で簡単。今すぐにでもできますよ^^

 

 

メガネそのものを曇りにくくする

もう一つの方法としては、メガネそのものを曇りにくいものにするという方法が考えられます。

これならどんなに暖かくて湿った空気がぶつかっても関係ありません。(多分 笑)

 

というわけでこちら。「アンチフォグ・レンズクリーナー」という曇り止めです。
↓↓↓

 

このような曇り止めをメガネに塗ることで、マスク着用時のくもりを軽減することが出来ます。

もしくはメガネを曇りにくいものに買い換えるという方法もあります。

ただねー、それはほかの方法に比べ費用がかかりますからね。
曇り防止のために買い換えるってちょっと出来ません。

現在使用しているメガネに飽きたときなどがいいのでしょうね。

 

あとがき

メガネを掛けている人にとってマスク着用で曇るのはある意味仕方ないことかもしれません。

しかし、だからといってメガネを外すと何も見えなくなっちゃいますからね。
やはりかけておかなきゃいけないわけです。

 

そうそう、今考えた対策法ですが、コンタクトにするという方法もありますね。
コンタクトならレンズが曇るという心配はしないで済みます。

って、それじゃ問題解決になってないィィィ!


スポンサードリンク

コメントを残す